敏感肌のコスメとして非常に人気があるので、キュレルです。

セラミドが含まれている化粧水で、市販でも簡単に購入できるので、非常に人気があります。

キュレルのシリーズは、ボディケアからヘアケアまで、何でもシリーズで揃うのが魅力だと思います。

スキンケア用品だけを展開しているメーカーもありますが、キュレルの場合は、全身使えるラインが揃っているので、すごく使いやすいと思います。

一度キュレルが合うと思った人は、安心してシャンプーやボディケア用品も購入できるので、トータルケアが出来るのが良いと思いました。

やはろ全身でケアできるものがある方がいいですね。

顔だけケア出来ても、ボディも髪も全然安心して使えるブランドが一個くらいあった方が、いざという時に非常に使えると思いました。

キュレルはセラミドをウリにしたスキンケアが有名なので、美容にうるさいマニアからも非常に好評を得ています。

別に敏感肌でもない人が、キュレルを愛用していることも多く、非常に信用できるコスメです。

敏感肌の場合、水仕事をしているとどうしても肌が荒れやすくなってしまいます。

そういう時には、手肌を守るためには、手袋を使うか、手に優しい洗剤を使うのが非常に重要です。

それでも荒れてしまった場合は、やはりハンドクリームが必須になると思います。

そして敏感肌の人の場合、そのハンドクリーム選びでも非常に難しいケースがあります。

すでに水荒れで、ひどい炎症を起こしてる場合、合わないハンドクリームを使ってしまうと、余計に悪化することがあります。

そのため、いくら手が荒れていても、メントール配合のように、すっきりした刺激のあるハンドクリームは適しません。

敏感肌には、肌が荒れている時ほど、低刺激なハンドクリームが必要になります。

私がこれまで利用した中で、敏感肌でも安心して利用でき、水荒れの回復も早いと思ったのがアヴェンヌです。

刺激が全くないので、荒れた手に使っても染みたりすることがないので、非常に使い心地が良かったです。

低刺激のハンドクリームの定番だと思います。

敏感肌の方は素材に注意する

敏感肌の場合、下着の繊維でもかぶれてしまうこともあります。特に、汗ばむ季節に化学繊維の下着を着用すると、ムレやかぶれの原因となります。

そのため、敏感肌の方は、化学繊維を使用していない、通気性の良いものを選ぶようにしてください。

近年は敏感肌用の下着が多数販売されています。これらの下着は、素材に化学薬品処理を施していないものが使用されています。

敏感肌用の下着について

ブラジャーは、肌にかなり密着するため、かぶれを起こしやすくなっています。

敏感肌用のブラジャーは、縫いしろやタグが肌に直接触れないように、表側に付けられています。また、肌に接触する部分に凹凸がないため、肌を刺激することもありません。

それから、敏感肌向けに、シルク、ガーゼ、綿素材のショーツも多数販売されています。

お洒落な女性とっては、デザイン性も気になることと思いますが、肌に優しい素材でありながら、デザインにこだわったショーツも販売されています。

このようなショーツは、肌に触れる部分には天然繊維を使用し、縫い代が肌に当たらないように工夫がなされています。

レースを使ったお洒落なデザインなので、女性らしさも表現できます。

敏感肌の化粧品選び

敏感肌の方は、なかなか自分にぴったりの化粧品が見つからないという悩みもあるでしょう。

「敏感肌用」を謳った化粧品はたくさんありますが、敏感肌用の化粧品が合わないという方も少なくないようです。

というのは、敏感肌はさらにいくつかのタイプに分かれており、特定の物質に対しアレルギー反応を起こすケース、貴金属にかぶれるケース、体調により敏感肌になるケース、環境に左右されるケースなどさまざまです。

そのため、自分は何が原因で敏感肌になるのか考えたうえで、化粧品を選んでください。

敏感肌のお手入れ

敏感肌であれば、どのようなタイプでも、肌のバリア機能が低下していることは事実です。

敏感肌の方は、乾燥しやすく、ちょっとした刺激で炎症を起こしやすくなっています。

角質層の細胞間で水分と油分を保持する役割を果たすセラミドが不足していることが原因で敏感肌になります。

そのため、保湿効果が高い化粧品で入念に保湿することが大切です。

特に、セラミド配合の化粧品がおすすめで、セラミドは優れた保湿力があり、低刺激であるため、敏感肌に優しい処方となっています。

また、敏感肌の方が新しい化粧品を使用する場合、使用する前にパッチテストを行って、問題なく使用できるかどうか確認するようにしてください。

もし、サンプルなどを配布しているのであれば、サンプルを試してから、化粧品を購入すると良いでしょう。

敏感肌で悩んでいる人は、出来るだけ無添加コスメを使用するようにしましょう。

無添加コスメは余分な成分が含まれていないので、肌荒れを起こしにくく、敏感肌には非常に安心なコスメです。

ちょっとした化粧水などで肌荒れを起こしてしまうと、
敏感肌の場合はそれがきっかけでトラウマになってしまう人も多いと思います。

特にみみず腫れのような赤い湿疹が出てしまったりすると、なかなか難しいと思います。

敏感肌の場合は、美容成分に反応してしまうことが多く、あんまりにも何度も異常が出てしまう人は、美容成分に気を付ける必要があります。

その点、無添加コスメは、非常に安心です。

特に化粧水や洗顔石鹸は、非常にさっぱりした使用感なので、ちょっと潤いが物足りなく感じてしまう人もいるかもしれません。

しかし、肌が荒れてしまうよりも良いと思いますので、出来るだけ無添加の化粧水を使うようにしましょう。

無添加の商品はさっぱりしているので、脂性肌の人にもお勧めです。

スキンケア法を間違うと敏感肌に

肌質は年齢と共に変化し、何らかの刺激を受けることで突然敏感肌になることもあります。
また、肌に合わない化粧品を使用することで、肌が敏感になることも多くなっています。

洗顔後に、ヒリヒリしたり、かゆみを感じるようになった場合、敏感肌になっているかもしれませんので注意が必要です。

近年は、インナードライと呼ばれる肌質の方が増えてきています。

これは、肌表面は脂ぎっているのに内側は乾燥するという状態です。
このような場合、オイリー肌の化粧品でケアを続けると、乾燥肌をはじめ様々な肌トラブルを招いてしまいます。

自分の肌の状態を知る

肌の状態はいつも同じとは限りません。女性には生理というものがあり、生理前に脂性肌になり、ニキビができることも多くなっています。

このような時期に、乾燥肌用の化粧品を使用することで、敏感肌になることもあります。
そのため、その時々の自分の肌の状態を知り、それに合ったケアをしていくことが大切です。

また、脂性肌の場合、洗顔料を顔全体に馴染ませて洗う、乾燥肌は泡で軽めになでるなど、肌質に合った洗顔法を実践することも大切です。

特に、乾燥肌の方は刺激の強い洗顔料をしないようにしてください。

乾燥肌=敏感肌ではない

敏感肌の方は肌が乾燥しやすい傾向にあることで、乾燥肌と敏感肌は同じものであると勘違いする方も多いようです。しかし、乾燥肌と敏感肌は異なったものです。

敏感肌の方に乾燥肌が多いのは確かですが、乾燥肌の方が敏感肌とは限りません。そのため、ここでは敏感肌と乾燥肌の違いについて紹介します。

乾燥肌は空気の乾燥が原因で、肌も乾燥し、角質層のバランスが崩れて、肌荒れを起こした状態です。

一方、敏感肌とは、肌の角質層のバリア機能が働かなくなることで、ちょっとした刺激に過剰に反応する状態になっていることです。この場合もかゆみやかぶれなどといった症状が現れます。

乾燥肌と敏感肌はどう違うのか?

乾燥肌は、気候、加齢、体質、誤ったスキンケアが原因で、肌が乾燥することです。

そのため、肌を保湿することが大切になります。一方、敏感肌は、遺伝的な要素が強くなっています。

特に、普通の方が何とも思わないようなちょっとした刺激に反応し、アレルギーのような症状が出る場合もあります。

敏感肌の方は、化粧品などを慎重に選ぶ必要があり、普段から出来るだけ肌を刺激しないようにスキンケアを続けなければなりません。

なぜ肌が敏感になっているのか

敏感肌とは、普通の人には何でもない刺激で肌トラブルを起こしてしまうような肌のことを指します。敏感肌の方の多くは、角質の水分が十分に保持できなくなっており、肌表面の皮脂膜も薄いため、刺激を受けやすくなっています。

敏感肌はセラミド不足が原因で発生します。このセラミドが不足するだけで、肌のバリア機能が低下し、ウイルスやアレルゲンが繁殖しやすくなります。そのため、アトピーなどを発症してしまうのです。

敏感肌のための対策

敏感肌は遺伝的な要素も強いため、アレルギー体質なども受け継いでしまう傾向にあります。先ほども述べたように、敏感肌の方は、普通の方であれば何でもない物質や刺激に反応してしまいます。

その結果、かゆみやかぶれ、赤みなどといった症状が目立つようになります。

そのため、敏感肌の方は、洗顔やクレンジングの際には、肌をこすりすぎないように注意しなければなりません。

また、化学成分配合の刺激が強い石鹸の使用も控え、天然成分配合の洗顔料を使用することをお勧めします。

敏感肌の方は、免疫機能も弱くなっている傾向にあり、ちょっとした刺激で過剰に反応し、炎症を起こしやすくなっていますので、化粧品や衣類など、肌を刺激しないものを選ぶことが大切です。

フリープラスはカネボウから出ている敏感肌専用のコスメです。

敏感肌の専用コスメということで、非常に刺激が少なく、使いやすいのが魅力です。

敏感肌の人でなくても、優しい使い心地なので非常に良いと思います。

私も使ったことがありますが、無駄な刺激がないので、安心して利用できます。

敏感肌にとっては、肌に染みるような化粧水っていうのは、やはり怖くて使用できません。

特に肌が季節の変わり目で揺らいでいる時なんかは、特に肌に染みることが多いので、怖い部分があります。

まずは敏感肌の人が使った時に、染みるような化粧水は敏感肌には合わないと思った方が良いと思います。

使用感もさっぱりしたものが多いので、他の人が使用しても問題ないと思います。

日本人はすごくさっぱりしたタイプの化粧水を好む人は多いと言われているので、そこが敏感肌用の化粧水でもすごく重要になると思います。

しかし、さっぱりしているだけは、乾燥してしまうので、保湿力も問われるコスメが多いと思います。

敏感肌の人にとって、重要なセラミドですが、実は巷には偽セラミドが出回っています。

これは本当の天然セラミドではなく、疑似セラミドと言われ、本当のセラミドではありません。

これを『セラミド』と言って売っている商品もあるのです。

天然セラミドの場合は、成分表示に、セラミドの後に数字がついていることで有名です。

疑似セラミドの場合は、成分表示を見てみると、全く数字がついていません。

天然セラミドを見分けるためには、この数字の有る・無しが一番重要になってきます。

天然セラミドなのかわからない人は、成分表示を見てみると、一発で出来ると思います。

疑似セラミドとか、天然セラミドは、その成分の価格が全く違うようなので、あまりにも安い化粧水には天然セラミドは配合されていることが少ないようです。

やはりそれなりの価格のセラミドコスメにならないと、本当のセラミドは少ないと言われています。

美容評論家の中では、この天然セラミドかどうかというのが一番重要なようですね。